海外旅行保険

travel insurance

海外旅行に出かける時の旅行保険は、楽しい旅行中、万が一の事があった時に頼りになる転ばぬ先の杖です。

でも費用もかかることだし、自分は普段から健康だから保険なんかなくても大丈夫、なんて思っていませんか? 日本にいると国民皆保険制度で医療費の自己負担額にも上限があるため、病気やケガの高額な治療費が払えなくて破産する、とか、保険がないから病院で治療してもらえず門前払い、なんて考えたこともないですが、海外では大いにあり得ます。

高額な医療費で悪名高きはアメリカ、でもカナダはどうなの? カナダは医療費はタダと聞いたけど? といった質問をよく受けますが、カナダの医療費はタダではありません。カナダは日本と同様、国民皆保険制度で、住民は居住地の各州に保険料を支払っています。この保険の適用で医師の治療を受けた時の自己負担額はありませんが、眼科、歯科、処方せんを含む薬代は適用外です。ただこの制度はあくまでもカナダに住んでいて各州の健康保険に入っている事が前提で、旅行者など短期滞在者は無保険となり、かかった医療費は全額自分で負担しなければなりません。なのでやはり海外旅行保険が必要となるわけです。

何かあったらクレジットカードに付帯されている旅行保険を利用すれば良いと思っている方、補償される保険金額がいくらなのか把握していますか? クレジットカード付帯のものは、医療費の補償額が充分でない場合が多いので注意が必要です。アメリカ、カナダの医療費は日本に比べて信じられないほど高額となっています。保険金額は一体いくらあれば充分なのかは判断が難しいですが、疾病、傷害治療費用については特に注意すべきです。

カナダでの旅行者の医療費の額は実際どうなのかと思ってネットで検索するうちに、外務省のページに以下の記載を見つけました。在カルガリー総領事のアドバイスです。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/iken/06/souryouji/38.html

• 当地での医療費は日本人の想像をはるかに超えた高額なものです。特に入院すれば一日当たり10万円から30万円(場合により50万円の例もある)もの経費がかかります。
• 最近、病気入院した日本人旅行者に合計1000万円の請求が来た例もあります。自分は絶対大丈夫とは思わず、旅行の前には、是非とも海外旅行傷害保険などに入っておくことをお勧めします。

各保険会社のサイトでもカナダでの高額な医療費の例が紹介されています。ただそういったサイトは保険販売を目的としているため説得力に欠けますが、カナダ在住の日本の外交官のアドバイスであれば間違いないですね。

私個人は、海外旅行に出かけるときは、疾病、傷害治療費用については、いつも可能な限り最高額を選んでいます。我が家での短期ホームステイご利用の際も、日本出発前にご自身で海外旅行保険(疾病・傷害治療、損害賠償等)に加入されることをお願いしています。

保険は何か思いがけない事があった時のため。何もなく保険の利用も必要ないのが一番ですが、日常生活を離れての海外旅行中、いつ何がどこで起こるかわかりません。取り返しのつかない事にならないよう、安心して旅行するためも、海外旅行保険はなくてはならない存在です。

SNSでシェアして下さい♡
LINEで送る Facebook  Twitter  Google+  Hatena Bookmark