ケロウナ春の風景

カナダ短期ホームステイ、ケロウナ教師宅|ホリディホームステイ
暮らしの中で

過去ブログより抜粋

blossoms<2月24日> 2月も後半に入り、あたりは春の気配で満ちています。庭を覆っていた雪もほとんどなくなり、春を告げる渡り鳥も飛来しています。冬の間、雪景色の中でじっと耐えているように見えたカモたちも、雪解けしたあとにわずかに生えつつある芝生を元気に一生懸命食べています。我家では南面の窓から部屋に差しこむ眩しい日差しの暖かさが冬の終わりを実感させてくれます。

ducks<3月14日> 日本では桜前線が北上を始める頃ですが、ここカナダBC州ケロウナも春満開です。よく言われるのは「カナダはまだまだ寒いでしょう」というセリフですが、今年は特に春の到来が早く、私の出身地、名古屋とほぼ同じような気温です。3月に入ってからは、日によってはケロウナのほうが暖かかったりします。散歩、ジョギング、テニスと、アウトドアのアクティビティを楽しむ人々も増えてきました。天気が良ければ庭先でのバーベキューもOKです。

The Harvest driving range<3月24日> 春分の日を過ぎて暦の上でも春に突入し、ケロウナにある本格的なチャンピオンシップのゴルフコースも次々とオープンしています。これから11月始めまで、カナダではもっとも長いとされるゴルフ天国ケロウナのゴルフシーズン到来です。

私達も、湖を眼下に眺め雄大な景色を楽しむことができるコースの「The Harvest」で早速プレイしてきました。この時期は観光客がまだ少ないため、地元のプレイヤーがほとんどで、併設している練習場ではシーズン初頭にあたり、熱心に練習を重ねている人達も多くいました。

<3月30日> 春を迎えて庭先でガーデニングに励む人達も多くなり、私達も我家の自慢の庭の手入れで忙しくなります。この頃は明け方になると活動的になった小鳥達のさえずりで目が覚めます。イースター(キリスト復活祭)を2週間後に控え、イースターエッグやバニー(ウサギ)の形をしたチョコレートを店先で多く見かけます。

Easter rabbit<4月1日> 春の到来とともに野生の小動物たちも活発に活動しています。イースター(キリスト復活祭)の週末の直前には野ウサギが我家の庭に訪れ、そのタイミングの良さにびっくりしていたら、昨日はアライグマが庭のポーチを横切って行くのを、朝食中にダイニングルームから窓越しに目撃し、またまたびっくり! ジムは以前に一度、庭先でアライグマに遭遇していますが、私には初めての経験でした。

beaver-damaged tree最近は暖かい日差しに誘われて散歩に出かけるのが日課ですが、水辺では数種類のカモやカナダの国鳥のガンを見る事ができます。このあたりはビーバーも生息していて、あちらこちらにビーバーにかじられた木の幹が見られます。クロッカスによく似た花がまだ茶色い芝生から顔を出して咲いてるのも見つけました。

beach / bikinis<4月8日> 今週末はイースター(復活祭)の祭日で、ケロウナのリゾートホテルでは休暇を楽しむツーリストでけっこう賑わっています。ここ数日で気温も急上昇し午後には22〜25度程となりました。私達も湖畔のビーチにビーチチェアを持ち出し、リラックスして眩しいばかりの日差しを楽しんでいたら、なんと水着姿で横たわっている人達を見かけました。まだ4月上旬、カナダの他の地区ではけっして見られない光景です。

ちなみにトロントの今日の気温はマイナス1度で雪もちらついているようです。ケロウナが “カナダのハワイ” と言われる由縁でしょう。今日はまた「Sky to Sea」と呼ばれるレースも開催されました。

Waterfront Park flowersスキーリゾートの Big White からケロウナのオカナガン湖畔まで、スキー・サイクリング・マラソン・カヌーをリレーして競い合うものです。ビッグホワイトのシーズン最後のイベントとして毎年催されますが、今日は天候にも恵まれ大成功のようでした。

<4月19日> このところ天気は毎日最高。新緑がとてもきれいで、チューリップ、リンゴ、梨、チェリー(桜)などの花々も市内の公園や果樹園で美しく咲いてます。

winery restaurant<5月9日> 先週末はオカナガン春のワインフェスティバルでケロウナのワイナリーはどこもツーリストで賑わっていました。主なワイナリーではワインの製造過程を説明、案内してくれるワインツアーを提供していて、数種類のワインの試飲もできます。併設しているレストランでの食事もワイナリーを訪れる楽しみのひとつです。

ケロウナは新緑の美しい季節を迎えていて、果樹園では様々なフルーツの花が咲き乱れています。ゴルフシーズンも真っ只中。先日は湖でカイトサーフィンを楽しんでいる若者もいました。ミッションクリークでは孵化したサーモンの稚魚が湖に下る時期でもあります。

front garden flowers<5月16日> 我家の自慢の庭では色とりどりの花々が咲き始め、木々も新緑の葉でたわわになってきました。一日中、色々な小鳥達がやってきて、美しい姿やさえずりで楽しませてくれます。

よく散歩に出かけるミッションクリーク近くの湿地帯にはビーバーにかじられて倒れている木がたまにありますが、なんと先日ついにビーバーに遭遇! 姿が似ていて少し小振りのマスクラットはよく見かけますが、ビーバーを目前にしたのは今回が初めてです。ガンの親子が泳いでいるのも見かけました。

来週の月曜日は、ヴィクトリアデー(イギリス、ヴィクトリア女王誕生祭)の祭日で、ケロウナでは毎年この週末がツーリストシーズンの幕開けと言われています。

Mission Creek Greenway gate<6月1日> 我家から歩いて3分程の所にある小川、ミッションクリーク沿いにはグリーンウェイと呼ばれる遊歩道があります。年間を通して散歩やジョギングにはもってこいの場所で、毎日約1,000人の市民に利用されています。我家の近くでは木の上に巣を作っているハクトウワシ (bald eagle -アメリカの国章として使われている) のペアを見る事もできます。先月、この7.3Kmにわたるグリーンウェイがさらに延長され全長16.5Kmとなりました。

geese & goslings<6月11日> このところ、色々な種類の鳥達が子育てに忙しくしているのを見かけます。中には親鳥より大きい体になっているくせに盛んにエサをねだっている子鳥達もいます。それでも親鳥は一生懸命にエサを見つけては口移しで食べさせています。

気になるのはミッションクリーク沿いの木の上に巣を作っているハクトウワシのつがいのペアですが、今年は果たして子作りに成功したでしょうか。我家のまわりにはウズラが数多くいて、今日も5匹の小さなヒナをかばって歩いているペアの姿を見ました。庭ではバラなど様々な花が咲き乱れ始めました。赤い花の蜜を細長いくちばしで吸うハチドリも庭先で見かけました。

buck<6月14日> 我家近辺は自然に恵まれていて散歩に出かけると季節に応じて色々な動植物を目にしますが、今日は驚いたことにオカナガン湖畔のビーチで野生のシカに出会いました! 湖で泳いでいるカモの親子を眺めていてふと振り返ると、なんと大きなメスのシカが1匹ビーチに立っているのです。しばらくこちらの様子をうかがった後、私達のほんの目の前、5〜6メートル先のところをなんのためらいもなく横切っていきました。

ビーチで鹿とは本当にびっくり。野生のシカは以前にも見た事はありますが、林の中とかに隠れていて人を見ると逃げて行くのが習性です。主人も私も都会育ちなので大感激でした。その後、湖畔で犬を散歩させている女性と話をしたら、彼女も朝早くに見かけたことがあるそうです。おそらく湖に水を飲みにやってくるのでしょう。

ケロウナ追加情報

ケロウナでのアクティビティ

ゴルフ天国ケロウナ

ケロウナ夏の風景

ケロウナ秋の風景

ケロウナ冬の風景

スキー & スノボー/Big White

ケロウナの不動産購入